オメガ3サプリの人気ランキング大発表

オメガ3サプリランキング

メディアはもちろん体に詳しい医師すらも絶賛し積極的に補給しているのがオメガ3(DHA・EPA)になります。厚生労働省からは1日に2000mg以上摂取というのが目安として掲げられているほどです。

 

オメガ3は主に青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸ですが、毎日の食事から目安摂取量を補給することはかなり難しいといえます。そこで注目されるのがオメガ3配合のサプリになります。当サイトはオメガ3を高配合したサプリを厳選し掲載しています。どうぞ参考にしてください。

 

きなりの特徴

きなりは、オメガ3(DHA・EPA)を1日分に500mg程含有したサプリメントになります。毎日の食事にあわせきなりを飲めば効果的。また、オメガ3は酸化すると機能を失いますが、きなりにはオメガ3を酸化させないアスタキサンチン・ビタミンEなどの抗酸化成分も含みます。高含有のオメガ3を無駄なくしっかりと体内へ補給することができます。

価格 1980円
評価 評価5
備考 オメガ3 500mg含有!
きなりの総評

定期コースなら初回1980円!継続条件はなくいつでも解約・休止OK!さらに納得いかなければ返金保証もあり安心して購入できます。

 

アオザの特徴

アオザは、オメガ3(DHA・EPA)を394mg含有したサプリメントになります。他社の製品と比べ魅力的なのは100%国産イワシのDHA・EPAを含む天然型という点。また、コエンザイムQ10やビタミンEなどの抗酸化成分も配合。原材料から納得かつ安心して飲みたい方におすすめです。

価格 2263円
評価 評価4
備考 オメガ3 394mg含有
アオザの総評

初回限定トライアルセット5日分が2263円になります。1日あたり10粒目安のため、数回に分けて飲むと良いでしょう。

 

AEDクリルオイルの特徴

AEDクリルオイルは、オメガ3(DHA・EPA)を1日分に200mg含有したサプリメントになります。水に溶け体内への吸収率が高いクリルオイルのオメガ3を配合しています。他社製品に比べると含有量こそ少ないですが、吸収力の高さが魅力です。

価格 3800円
評価 評価3
備考 オメガ3 200mg含有
AEDクリルオイルの総評

通常購入は8130円ですが、定期購入初回は3800円と半値、さらに2回目以降も5400円とかなりお得になります。

 

オメガ3サプリの失敗しない選び方

 

厚生労働省によると、DHAやEPAの1日あたりの推奨摂取量は1,000mgとなっています。この推奨摂取量を、通常の食事のみから確保することは簡単ではありません。そのため、DHAやEPAの補給をサプリメントから行っている方もたくさんいます。

 

一方、これからサプリメントによるDHAやEPAの摂取を始めてみよう、と考えている方もいるかと思います。そういった場合は、上手に有効なサプリメントを選びたいものです。DHA・EPAサプリを失敗なく選ぶために気を付けるべき点は、以下のようになります。

 

DHAやEPAの配合量を確認する

 

DHA・EPAサプリは様々な会社から販売されており、その種類も数多いです。そして、DHAやEPAの配合量も様々です。成分の配分量によって、期待できる効果は大きく異なります。そのため、それぞれの栄養素が十分に配合されているか、事前によく確認しましょう。

 

DHAとEPAのうち、どちらか一方の成配合量が十分でない、といった場合もあるかと思います。そういった場合には、複数のサプリメントを同時に使用するというやり方もあります。推奨摂取量にできるだけ近付けるよう、十分な量の成分が配合されたサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

DHA・EPAの弱点を補えているものを選ぶ

 

DHAやEPAは不飽和脂肪酸の一種であり、その弱点として、酸化が起こりやすいといったものがあげられます。この酸化によって起こる問題は、成分の質が低下してしまうことです。成分の質が低下してしまっては、多くの量を摂取したところで、十分な効果は見込めなくなります。そのため、上手にこの弱点を補っているDHA・EPAサプリを選ぶ必要があります。

 

酸化防止に有効とされる対策としては、抗酸化作用に優れている成分を利用することなどがあります。セサミンやビタミンEなどは、こういった条件を満たす成分です。セサミンやビタミンE自体、様々な健康促進効果を持っています。しかし、これらの栄養素は、それのみならず、DHAやEPAの品質維持にも効果を発揮してくれます。

 

このような理由から、DHAやEPA単体のサプリよりは、DHAやEPAにプラスして抗酸化成分が配合されているサプリを選ぶようにするのがおすすめです。

 

オメガ3はダイエットに効果的!

 

オメガ3脂肪酸は、血液をサラサラにする効果がある成分として注目されています。しかし、それのみならず、中性脂肪やコレステロールを減少させる働きも、オメガ3は持っています。そのため、オメガ3にはダイエット効果も期待できます。オメガ3を上手に利用して、効率的なダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。

 

体の流れをよくする食べ物

 

かつてダイエットの主流は、とにかく食べない、といったものでした。しかし最近では、美しくかつ健康的に痩せるため、食べることに重点を置いたダイエットも多く行われるようになっています。もちろん、食べるダイエットとはいえ、おなかいっぱいになるまで何でも食べ、それを肥満解消サプリメントなどで帳消しにするといったやり方をするわけではありません。

 

理想とされるのは、健康やダイエットに効果のある食品を適切に選び、それを積極的に食べることで体の流れをよくするといったやり方です。それにより、無理なく自然に痩せることが期待されます。そういったダイエットの際に注目されているのが、DHAやEPAといったオメガ3の持つ健康促進効果です。

 

オメガ3は、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる作用を持っています。さらに、血液をサラサラにし、良好な血流を作り出す効果もあるため、それが体内の循環をよくすることにつながると期待されています。そもそも、オメガ3は不飽和脂肪酸というグループの一部であり、油の一種です。その特徴として、常温でも固まりにくいといったものがあります。

 

動物性脂肪などに代表される飽和脂肪酸が、常温でも固まりやすい性質を持っているのとは対照的です。そのため、飽和脂肪酸と違って、オメガ3は体内で固まり、血管などに付着することがないのです。

 

細胞を生まれ変わらせる働きを持つ

 

研究者の間では、オメガ3の持つ若返りの効果も話題となっています。オメガ3には、細胞を生まれ変わらせる強い効果があるとされています。

 

体内の細胞がよりスムーズに生まれ変わりを繰り返すと、エネルギー消費も活発になると言われています。そういった状態を保つことができれば、特別な運動などなしでも、普段の活動をしているだけで基礎代謝を盛んに行うことができるようになると考えられています。

 

ダイエットを厳しい食事制限やハードな運動なしに行いたいという方は、まずはオメガ3を積極的に摂取するようにしてみてはいかがでしょうか。

 

生活習慣病予防に良い!コレステロール・中性脂肪を減らすオメガ3

 

コレステロールや中性脂肪を減少させる働きがDHAとEPAにはある、という話を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうら。しかし、この情報には、やや不正確な点があります。コレステロールや中性脂肪に対するDHAやEPAの効果は、詳しくは以下のようになります。

 

コレステロールや中性脂肪対策に適しているのはDHAか、EPAか

 

コレステロールや中性脂肪に対して改善効果を期待できるのは、EPAです。EPAの持つ作用の1つに、悪玉コレステロール値を低下させ、善玉コレステロール値を上昇させる、といったものがあるとされています。また、中性脂肪に対しても、その減少を促す効果が期待できるとされています。

 

そのため、コレステロールや中性脂肪の数値を気にしている方におすすめの成分は、EPAのほうだということになります。逆に、DHAだけの摂取では、コレステロールや中性脂肪に対して有用な効果を期待することはできないと考えたほうが良いでしょう。

 

コレステロールや中性脂肪を減少させたときに起きる変化

 

コレステロールや中性脂肪の数値が正常でない場合、身体には様々な悪影響が出るとされています。脂肪肝、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞といったものです。過剰なコレステロールや中性脂肪は、こういった病気が引き起こされるリスクを高めてしまうのです。

 

上記のような病気は、最悪の場合、命に関わる事態にまで発展します。これらを予防し、身体をより健康に保つためにも、EPAの十分な摂取を普段から心がけるようにしましょう。

 

EPAの摂取目安量は、1日あたり1,000mgとされています。これを基準に毎日のEPAの摂取を継続することで、コレステロールや中性脂肪の数値の改善や、それに伴う各種の病気の予防が期待できます。生活習慣病にならないようにするためにも、普段の食事とサプリメントを上手に組み合わせ、十分なEPAの摂取を行うようにしてください。

更新履歴