ストレス対策にオメガ3が良い!

ストレス対策にオメガ3が良い!

現代社会はストレス社会とされています。それを背景として、うつ病患者は増加傾向にあるとされています。その年代も幅広く、大人から子供まで、うつ病は様々な年齢層に広がっています。

 

うつ病であると自覚しないままストレスが蓄積され、気が付いたときには自律神経のコントロールが不可能になってしまう、といったケースも決して少なくありません。

 

その予防としては、過剰なストレスを溜め込まないように生活環境を改善することが重要です。また、ストレスの緩和を食事によって少しでも行うことができるなら、そういった対策も日々の生活の中に組み込むようにすると良いでしょう。

 

魚の消費量が多い国には、うつ病患者が少ない

 

日本は海に囲まれた国であり、それに加えて川も多いです。そのため、魚は古くからの日本人の常食でした。しかし、現代ではその様相もすっかり変化しました。戦後、食生活はより欧米化し、食生活は肉中心といった方も増加しています。

 

焼き魚を食べる機会がこれまで一度もなかった、という方も現代では珍しくはなく、また、そういった傾向は若年層に限りません。魚離れは、高齢者の間でも進んでいるとされています。

 

ある調査結果によると、魚の消費量が多い国では、うつ病患者が少ない傾向があるそうです。ストレスを抱える方が増加しつつあることと、近年日本人の魚離れが進んでいることには、何がしかの無視し難い関係性がある可能性もあるでしょう。

 

さらに、うつ病患者の体を調査した結果、明らかに体内のDHA量が低下している、という研究報告もあると言います。DHAやEPAといったオメガ3を摂取する習慣を身に付け、ストレスで倒れたり、うつ病などになってしまうことを予防するようにしましょう。

 

オメガ3系には、イライラ感やキレやすさを解消する効果がある

 

オメガ3系のサプリメントを、ストレスをためている方たちに与えて経過を見る、といった研究が行われたことがあります。その結果として、数ヵ月後、被験者のイライラや敵意性が減少しているといった事象が観察されました。

 

その理由は、オメガ3には脳神経にも影響を与える働きがあるためだとされています。その効果によって、ストレスの緩和につながったのではないかと考えられているのです。

 

また、DHAをキレやすく交通事故を発生させがちな運転者に与えてみる、といった調査が行われたこともあります。その結果は、被験者の運転が穏やかになったというものでした。ストレスの解消は、意識したからといってそう簡単にできるものではありません。そのため、日々の食生活によって、少しでもストレスを緩和させるように心がけましょう。